カテゴリ:木曽岬干拓野鳥生息調査( 103 )

'17年9月木曽岬干拓野鳥生息調査

9月16日(土)
 台風が近づいているが、木曽岬干拓野鳥生息調査は行なわれた。調査開始の頃から雨が降り始め、いつもの地点で車中からの調査となった。
 鳥はあまり見られなかったが、それでもカルガモ、カワウ、ツバメは雨の中を飛んでいた。
f0160773_112128.jpg

 木曽川でミサゴが捕らえた魚を食べていた。
[PR]
by ishigamet | 2017-09-17 11:22 | 木曽岬干拓野鳥生息調査

'17年8月木曽岬干拓野鳥生息調査

8月19日(土)
 8月の木曽岬干拓野鳥生息調査は前日までの雨が上がって、晴天に恵まれた。しかし朝から暑い日で、私たちは日射しを避けてたまに車の影に隠れていた。
 チュウヒはおそらく同じ個体が3回ほど低く飛んで移動したり、高く旋回したりしていた。他に見られた猛禽はオオタカ、チョウゲンボウ、ミサゴ。二種類の猛禽が同時に旋回していたが、遠過ぎて識別出来なかった。
f0160773_1336413.jpg

木曽川に集まっていたウミネコ

[PR]
by ishigamet | 2017-08-20 13:37 | 木曽岬干拓野鳥生息調査

'17年7月木曽岬干拓野鳥生息調査

7月15日(土)
f0160773_932395.jpg
 
 7月の木曽岬干拓野鳥生息調査に参加した。木曽岬干拓地はウグイス、ホオジロのさえずりが繰り返し聞かれた。先月このブログに載せたホオジロがまた同じ場所でさえずっていた。ツバメがたくさん飛び交っていて、堤防ののり面に多くが降りていた。よく見ると尾がまだ短く、のどの赤が薄い幼鳥が混じっていた。
 私らの地点ではチュウヒは全く見られず0であった。他の猛禽もオオタカとミサゴを1羽ずつ見ただけであった。
[PR]
by ishigamet | 2017-07-16 09:45 | 木曽岬干拓野鳥生息調査

'17年6月木曽岬干拓野鳥生息調査

6月17日(日)
f0160773_10244945.jpg

 朝、木曽岬干拓地へ近づくと鈴鹿方面の山々がくっきり見えていた。晴天だったが風が強く、堤防の上にいると少し寒かった。
 干拓地ではツバメが飛び交い、ウグイス、ヒバリ、ホオジロ(写真)、がよくさえずっていた。私がいた地点ではチュウヒは全く飛ばず、0であった。チョウゲンボウが2羽同時に旋回し、共に下へ降りて来て、電線にしばらく留まっていた。他に見た猛禽はミサゴ、ハヤブサ、オオタカ。
[PR]
by ishigamet | 2017-06-19 10:32 | 木曽岬干拓野鳥生息調査

'17年5月木曽岬干拓野鳥生息調査

5月20日(土)
 5月の木曽岬干拓野鳥生息調査は雲ひとつない好天に恵まれた。チュウヒを始めとした猛禽はほとんど飛ばず、私が居た地点ではミサゴが1羽旋回したのを見ただけだった。
f0160773_1546537.jpg

 木曽岬干拓地ではオオヨシキリ、ウグイス、ホオジロ(写真)、キジなどの鳴き声が絶え間なかった。
[PR]
by ishigamet | 2017-05-20 15:48 | 木曽岬干拓野鳥生息調査

'17年4月木曽岬干拓野鳥生息調査

4月15日(土)
 4月の木曽岬干拓野鳥生息調査に参加した。いつもの地点に着くと、ウグイスのさえずりが迎えてくれて、これは最後まで絶え間なく聞こえていた。
 チュウヒはある1羽が3回観察出来ただけだった。他の猛禽も長く木に留まっていたコチョウゲンボウ、カラスに追われたオオタカが見られたぐらいで、ミサゴも見られなかった。
f0160773_16155377.jpg

 先月に続いて鍋田干拓のキジ。その周りは一面のツクシ。鍋田では他にケリ、夏羽になったユリカモメ、まだ残っているツグミが見られた。
[PR]
by ishigamet | 2017-04-16 16:20 | 木曽岬干拓野鳥生息調査

'17 年3月木曽岬干拓野鳥生息調査

3月18日(土)
 3月の木曽岬干拓野鳥生息調査はよく晴れたいい日になった。いつもの地点に着くと、ウグイスのさえずりが聞こえた。私としては初鳴き観測となった。
 チュウヒはある1羽が頻繁に同じ所を飛び回っていた。9回観察して2羽確認した。その他の猛禽はミサゴ、ノスリ、オオタカ、チョウゲンボウ。猛禽はよくカラスに追われていた。カラスもここで営巣しているらしい。
f0160773_14495431.jpg

鍋田干拓でキジの雄が一声鳴いた

[PR]
by ishigamet | 2017-03-18 14:51 | 木曽岬干拓野鳥生息調査

'17年2月木曽岬干拓野鳥生息調査

2月18日(土)
 2月の木曽岬干拓野鳥生息調査は風もなく、思っていたより寒くない日になった。いつもの地点に居たけれど、鳥の声もあまり聞こえず静かなものだった。私たちの地点ではチュウヒは全く見られなかった。他の猛禽は、2度前を飛んだオオタカと遠くの電柱に長く留まっていたノスリ、ミサゴを2羽見たくらいだった。
f0160773_1339091.jpg

 水路をミコアイサ(何故か雌ばかり)が何度も行き来していた。
[PR]
by ishigamet | 2017-02-19 13:40 | 木曽岬干拓野鳥生息調査

'17年1月木曽岬干拓野鳥生息調査

1月21日(土)
f0160773_10593679.jpg

 年明け初めての木曽岬干拓野鳥生息調査は好天に恵まれたが、風が強く寒い日になった。冬の干拓地にはツグミ、ヒヨドリが群れで飛び、水路にはカイツブリ(上写真)、ミコアイサが群れで泳いでいた。
 チュウヒは遠くの方で旋回していたのを2回見たくらいで、多くは見られなかった。他に見られた猛禽は上空を通過したトビと長い間木に留まっていたオオタカの若鳥。
f0160773_1173831.jpg

 この日は3時半に再集合してねぐら入り調査も行なった。夕暮れの干拓地では普段群れることのないキジバトが群れでいたり、ツグミたちが逃げ出した後、オオタカが現れたりという光景が見られた。しかしチュウヒは現れず、どこかへ分散しているのではとのことだった。5時半過ぎまで車中にいて閑だったので、木曽川の方を向いて夕日の写真を撮ってみた。
[PR]
by ishigamet | 2017-01-23 11:19 | 木曽岬干拓野鳥生息調査

'16年12月木曽岬干拓野鳥生息調査

12月17日(土)
f0160773_105194.jpg

 12月の木曽岬干拓野鳥生息調査に参加した。いつもの地点で見ていると鍋田の方からカワウの大群が今年も帯のような形を成してやって来た。(上写真)木曽川を越して四日市の方へ移動して行った。
 チュウヒは私たちの居た地点では2羽を3、4回観察出来た。他の猛禽はミサゴとある1羽のオオタカが何度か見られた。
f0160773_10573915.jpg

 木曽川の方へ降りて行くとモズのはやにえを見つけた。ニホンカナヘビが草に刺してあった。
[PR]
by ishigamet | 2016-12-19 11:00 | 木曽岬干拓野鳥生息調査