'17セントラルパーク野鳥観察会とバードウィーク写真展37

5月14日(日)
 今年も恒例のセントラルパーク野鳥観察会が行なわれた。名城公園からテレビ塔下まで鳥見をしながら歩いた。
f0160773_10461716.jpg

 フラワープラザ前で集合して始まった。参加者42人のほとんどが初心者で、小学生連れの方も何人かおられた。
f0160773_10483027.jpg

 公園の木々の間を歩くと、キビタキのさえずりが聞こえてきた。その姿は見られず、声を聞くだけだった。おふけ池越しの木にアオサギの営巣の様子がよく見えた。スコープに入れて見てもらえた。
 お堀ではカモ類は北へ帰ってしまっているが、ここで夏を越しているホシハジロとアヒル、カワウ、アオサギなど見られた。公園を出てセントラルパークへ向かう途中、意外な所でシジュウカラの営巣も見られ、合計20種の鳥が確認出来た。
f0160773_10544730.jpg

 バードウィーク写真展は今月21日まで開催しています。お近くの方はお越しください。
[PR]
# by ishigamet | 2017-05-15 10:57 | 行催事

'17年5月名城公園探鳥会

5月7日(日)
第289回 観察された鳥 22種 159羽 参加者41名

 ホシハジロ1 キンクロハジロ1 キジバト5 カワウ3 アオサギ22
 コサギ1 コゲラ1 ハシボソガラス29 ハシブトガラス4 シジュウカラ6
 ツバメ9 ヒヨドリ2 メジロ2 ムクドリ3 オオルリ1
 スズメ21 ハクセキレイ1 セグロセキレイ1 カワラヒワ2 コブハクチョウ1
 ドバト42 アヒル1
 5月の名城公園探鳥会はHPの影響か初参加の方が多く、参加者41名となった。
f0160773_16585423.jpg

 お堀の対岸にはアオサギが16羽も集まっていた。公園内で繁殖した幼鳥も何羽か混じっているようだった。カモは毎年残っているホシハジロとキンクロハジロが居ただけで、あとは移動していた。
f0160773_172852.jpg

 お堀沿いの林のゲートボール場の上の木にオオルリが留まっていた。ゲートボールの方と我々で、人が大勢居たにもかかわらず、長く留まっていてくれたので、皆さんでじっくり見られた。
 公園で営巣しているアオサギはほとんど雛が巣立ったようだが、まだ巣の中に残っている個体も居た。
f0160773_1782261.gif

 5月で名城公園探鳥会はひと区切りついた。10月からの8回分を表にしてみた。おさんぽ鳥図鑑とHPのおかげか1月以降の参加者が増えている。見られた鳥の種類は56種で前年の63種より減っている。ヨシガモ、オオバンが冬鳥として定着しつつある。クイナが2年続けて出た。珍しかったのは1月のウミネコ。

 
[PR]
# by ishigamet | 2017-05-07 17:17 | 名城公園探鳥会

'17年のゴーヤー植える

5月4日(木)
f0160773_13423273.jpg

 前日、瀬戸の雲興寺へ盗除の御札を買いに行って来た。そしてその帰り道でホームセンターに寄ってゴーヤーの苗を買って来た。
f0160773_1345448.jpg

 今日、その苗をプランターに植え替えた。去年の手帳を見ると同じ日に同じことをしていた。毎年恒例になりつつある。
[PR]
# by ishigamet | 2017-05-05 13:47 | ゴーヤー栽培記

レンゲ畑でベニシジミ

4月22日(土)
f0160773_1629509.jpg

 去年の5月にこいのぼりとレンゲ畑、秋にノビタキの写真を撮ったレンゲ畑へまた行ってみた。レンゲと鳥の写真が撮れないかと思ったからである。
 着いてみるとここへ来ていた鳥はスズメ、ヒバリ、ツバメであった。どれも飛び回っていて写真はなかなか撮れず、たまに畑へ降りると中に埋もれてしまって見えなくなってしまう。もしカルガモが舞い降りてくれれば、日本野鳥の会の今年のカレンダーの4月の様な写真が撮れるかもと思っていたが、無理だった。
f0160773_1638226.jpg

 それでもベニシジミが来ていたので、レンゲ畑をバックにこんな写真を何枚か撮ってみた。
 すると農作業をしている人に会った。怒られるかと思っていたら「「写真を撮ってくださってありがとうございます。」とお礼を言われてしまった。
 ぽかぽか陽気でヒバリのさえずりを聞きながら、楽しい時間が過ごせた。
[PR]
# by ishigamet | 2017-04-22 16:46 | 自然観察

名城公園の冬鳥と夏鳥

4月16日(日)
 名城公園周辺を鳥を見て歩いて来た。始めに愛知県体育館の周りを歩いていたら、イカルが鳴いていた。木に2羽留まっていた。公園の桜は散り始め、水面では花いかだになっていた。地面に散った花びらの上をまだ残っているシロハラ、ツグミが歩いていた。
 お堀ではカワセミがよく鳴いていた。オナガガモは帰ってしまったが、ヨシガモ、コガモはまだ残っていた。アシ原の水際では鯉が産卵の時期らしく、背びれを見せてバシャ、バシャと音を立てていた。
f0160773_1316826.jpg

 アオダイショウが水面を泳いで、対岸の石垣まで渡って行った。暖かくなってきて皆活動を始めている。
f0160773_13182761.jpg

 夏鳥はまだ早いかなと思っていたら、公園の北の林でキビタキを見つけた。次いでコサメビタキ、オオルリ(写真)も来ていた。この日は冬鳥と夏鳥が混在していた。
[PR]
# by ishigamet | 2017-04-17 13:25 | 自然観察