「視覚の魔術ーだまし絵」展

5月30日(土)
f0160773_1775075.jpg
 名古屋市美術館で開かれている「視覚の魔術ーだまし絵」展を見てきた。
 美術館へ着いてみると、入口前は長蛇の列。それは当日券を買う人の列で、40分待ちとのことだった。私は前売り券を持っていたのですぐ入れたが、館内も混雑していた。だまし絵を見るのはクイズを解くような面白さがあるせいなのか、小さな子供連れの人も多かった。
 だまし絵を何枚も見ているうちに、どこまでが絵でどこからが本物か分からなくなることがあり、実物の額か絵で描かれた額かいちいち確かめるような有り様だった。
 人間は思い込みで物を見てしまいがちで、錯覚させられている物が世の中には多くあるのかも知れない。
by ishigamet | 2009-05-30 17:23 | 行催事


<< 09年6月東山新池鳥類調査 09年5月東山新池鳥類調査 >>