人気ブログランキング |

水になった村

f0160773_1414010.jpg

7月27日(日)
 名古屋市科学館で上映された『生きている地球の記録』という映画会を見て来た。私が見たのは27日午前中の分だけだったが、『水になった村』は印象深かった。
 岐阜県徳山村の徳山ダム建設のため、大部分の村民は村を出たのだが、ギリギリまで村に残りたいというお年寄りが村に住み続けていた。山菜やワサビを山から採って来て昔ながらの生活を続けるおばあさんたちを淡々と記録した映画だった。
 やがておばあさんの家も解体されて、ダムが完成し村は水になった。その後岐阜市に移り住んだおばあさんに聞き手が『あのおばあちゃんの家、憶えてますか?』と聞くとおばあさんは『まだあるやろ』と言っていた。解体されるのを手を合わせて見ていたのにだ。忘れてしまったのか。そうではなく、心の中にあの家はまだあるんだろうと思えた。
by ishigamet | 2008-07-28 14:34 | 行催事


<< 猫ヶ洞池清掃活動 土俵祭 >>