人気ブログランキング |

カテゴリ:行催事( 78 )

絶滅動物研究所

8月10日(土)
f0160773_09063149.jpg
 名古屋市科学館で開催されているタイトルの催しを見てきた。
f0160773_09084511.jpg
 入場するといきなり実物大マンモスとその骨格も展示してあった。続いてモーリシャス島で絶滅したドードーの模型もあったが、こちらは撮影禁止であった。
f0160773_09112863.jpg
 新聞やテレビでよく紹介されていたステラーカイギュウの模型。全長7~8メートルあった。ニホンオオカミの剥製もあったが、愛知万博で見たものより大きいように思えた。
f0160773_09143498.jpg
 後半は現在絶滅の危険がある動物について紹介されていた。その中のコアジサシのコーナーに野鳥の会愛知県支部で制作したコアジサシデコイも展示されていた。

 見てきて人間がしてきたことの罪を痛感させられた。館内は子供連れの方がほとんどだったが、今の私たちの豊かな生活がこの動物たちの犠牲の上にあるということをひとりでも多くの子供に分かってほしいと思った。
 名古屋市科学館で9月8日まで開催されています。

by ishigamet | 2019-08-11 09:24 | 行催事

’19年名古屋場所土俵祭

7月6日(土)
 大相撲名古屋場所初日の前日、会場のドルフィンズアリーナで土俵祭が行われたので、見学してきた。
f0160773_13120964.jpg
 9時少し前に会場に着くと入り口前は長蛇の列だった。すぐに開場になり、ぞろぞろと入場し、正面桝席に入った。土俵祭は10時開始予定です、と放送があり、1時間近く待つことになった。土俵祭はだいたい毎年来ているけれど、今回は客席を見回すと意外と女性が多かった。厳粛な行事ですので、飲食とフラッシュ撮影は禁止です、と何度も念押しがあった。
f0160773_13200759.jpg
 10時に始まるとそれまでざわついていた館内も静かになり、進行していった。今年は鎮め物やお酒を注ぐところも撮影出来た。
f0160773_13232241.jpg
 最後に呼び出しさんが触れ太鼓を打ち鳴らし土俵下を三周して土俵祭は終わった。

by ishigamet | 2019-07-08 13:26 | 行催事

わたせせいぞうの世界展

6月9日(日)
f0160773_13333434.jpg
 タイトルの展覧会を見てきた。上は会場でいただいたチラシ。この作者の作品は80年代頃、たまに漫画雑誌で見ていたし、その他企業広告や雑誌の表紙で見かけることはよくあった。なぜ見に行く気になったかというと、新聞の折り込みチラシでこの展覧会広告を見て、「これは名城公園の絵ではないか。」と思ったからである。
 入場するといきなりこの作品(描き下ろし新作とのこと)が展示してあった。「再会は初デートの公園で」という題で説明書きによると、作者がお城を描いたのは初めてで、城・藤・着物女性の組み合わせで描きたかったとのこと。
 この場所は名城公園探鳥会で歩くコースであり、藤の咲く季節にはツバメもよく飛ぶ。構図の都合か、お城の位置が左右反転されているが、なじんだ場所が綺麗な絵になっているのはうれしいことだった。

by ishigamet | 2019-06-10 13:44 | 行催事

’19年セントラルパーク野鳥観察会とバードウィーク写真展39

5月12日(日)
 今年も恒例のタイトルの探鳥会に案内人として参加した。名城公園フラワープラザ前で集合して始まった。
f0160773_13144272.jpg
 参加者の皆さんに見てもらうような夏鳥がまだいるだろうかと心配していたが、公園の林の中でメボソムシクイ、センダイムシクイ、キビタキなどのさえずりが聞かれた。おふけ池のあたりではカルガモとアオサギの営巣の様子も見られた。
f0160773_13181860.jpg
 お堀ではカモ類が去って閑散としていたが、ツバメの巣立ち雛が2,3羽(おそらく兄弟か)飛び回っては木の枝に止まって親からの給餌を待っていた。
 公園を出てセントラルパークまで行く途中、久屋橋を渡る前の所でキビタキの声がしてきた。声をたよりに探すとキビタキ雄が出てきた。皆さんによく見てもらえた。
f0160773_13230172.jpg
 鳥合わせをして終了。続いてバードウィーク写真展を見てもらった。写真展は今月15日まで開催しています。お近くの方はどうぞ。

by ishigamet | 2019-05-13 13:25 | 行催事

御札を買いに雲興寺へ

4月29日(月)
f0160773_10163016.jpg
 毎年恒例になっている雲興寺へ盗除の御札を買いに行ってきた。空はどんよりと曇っていたが、前日より寒くはなかった。
 山門をくぐると静かな中、オオルリやウグイス、センダイムシクイのさえずりがよく聞かれた。参拝をして御札を買ったあと、まだ時間があったので、周辺を歩いて鳥を探してみた。
f0160773_10214836.jpg
 ここの向かいに流れている赤津川を超えると東海自然歩道の猿投山山頂への入り口になっている。少し登ってみたら、横の沢からカエルの声が盛んに聞こえた。
f0160773_10251506.jpg
 ゆっくり30分ほど登るとこんな景色が見えてきた。ここでもオオルリの声が聞こえて一度キビタキも見えたが、写真は撮れなかった。
f0160773_10275238.jpg
 山道を降りてきてからもしばらく鳥を探したが、声ばかりで姿は見られず、写真に撮れたのは電線に止まったツバメだけだった。

 そしていつものように帰りにホームセンターへ寄ってゴーヤーの苗を買ってきた。

by ishigamet | 2019-04-30 10:31 | 行催事

挑む浮世絵 国芳から芳年へ

3月30日(土)
f0160773_14051400.jpg

 名古屋市博物館で開かれているタイトルの展覧会を見てきた。「ヒーローに挑む」というコーナーでは当時の芝居の一場面を絵にしたものが多く、私なんかは予備知識がない、つまり元のストーリーを知らないので分かりにくかった。
 私が見て面白いと思ったのは動物を擬人化したものだった。写真撮影OKだったのでいくつか撮ってみた。
f0160773_14110030.jpg
牡丹の花に見えるが
f0160773_14123928.jpg
よく見ると獅子の顔が集まっていた

f0160773_14133643.jpg
その他に顔だけ人になった亀

f0160773_14141064.jpg
雀の遊女

f0160773_14144731.jpg
この猫は亀になった人と同じモデルらしい

f0160773_14151096.jpg
よくある蛙合戦

by ishigamet | 2019-04-01 09:56 | 行催事

コアジサシデコイ色塗りイベント

3月23日(土)
f0160773_10500538.jpg
 野鳥の会愛知県支部の行事でタイトルのイベントがなごや生物多様性センターで行われたので参加した。コアジサシのコロニーに設置するためのデコイで、金型にプラスチックを流し込んで作ってもらった物に自分たちで色塗り作業をした。

f0160773_10564755.jpg
 これは今年で2回目になるが私は初めての参加だった。昨年使った物の修復と新しく色塗りする物とで300個を小さいお子さん含めて35名で行った。昨年参加した方のほうが要領を得ていたようなので、私は色塗りの済んだ物を乾かしに運ぶほうに回っていた。

f0160773_11021290.jpg
 午前中曇っていて塗料の乾きがおそいかと思われたが、午後から日が照ってきて早く乾き、3時前には作業終了になった。4月中旬にはコロニーに設置される。

f0160773_11055748.jpg
 そのあと「簡易タイプサギデコイ」作成も行った。これは新聞紙をレジ袋で包んでサギのような形にした簡単な物。これを皆で100個作った。これを集まり過ぎているサギコロニー分散に使う。 

 




by ishigamet | 2019-03-25 11:12 | 行催事

第10回猫ヶ洞池ヨシ原再生・ゴミ拾い

3月9日(土)
f0160773_17000001.jpg
 タイトルの行事に野鳥の会から参加した。このゴミ拾いは今年で10回目になる。ゴミは始めたころよりだいぶ減ってきているが、同時に参加者も減っているとのことだった。野鳥の会からは17名の参加だった。
f0160773_17001328.jpg
 ヨシの枝を積み込む作業とゴミ拾いが10時に始まった。ゴミが落ちていても場所によっては底なし沼状態なので、深追いはしないでおいた。
f0160773_17002987.jpg
 空き缶や洗剤容器、ペットボトルなどは初めのころに比べると減ってきている。相変わらず多いのはお墓参りの時に花を包むビニールやレジ袋。泥の中に埋まった物を掘り出すように集めた。
f0160773_17004634.jpg
 12時に作業終了。集まったゴミ袋の数はまだ聞いていないが、不燃ゴミは少ないように思う。
f0160773_17005907.jpg
 担当者が手にしているのはキショウブの根。5月25日にはキショウブの花を摘む作業が行われる。

by ishigamet | 2019-03-09 17:14 | 行催事

第10回猫ヶ洞池ヨシ原再生・ゴミ拾い参加者募集

お知らせです。
3月9日(土)にタイトルのゴミ拾いが行われます。
私も何回か参加しました。このブログにもその様子を載せました。


最近参加者が減っています。ご協力お願いします。

by ishigamet | 2019-02-26 16:15 | 行催事

いま振り返る藤前干潟保全の歴史 第2回

日本野鳥の会愛知県支部からのお知らせです。興味のある方はご参加ください。
f0160773_13354230.jpg

by ishigamet | 2018-09-12 13:45 | 行催事