人気ブログランキング |

<   2010年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

10年12月平和公園探鳥会

12月26日(日)
f0160773_1744381.jpg

 12月の平和公園探鳥会に参加した。この日は少しひんやりとしているだけで、風がなかったので寒さは感じない日だった。
 タカがよく出た。(オオタカ3 ハイタカ2)写真は東山新池でカモを追ったオオタカが中学校の北の林に留まったところ。その他綺麗なマヒワの群れやクロジも見られ、外来種のソウシチョウを含めると38種の野鳥が確認出来た。
by ishigamet | 2010-12-26 17:12 | 探鳥会

マロさんに服を買う

12月18日(土)夕方
 マロさんは先日、日清ペットフードのHP上で長生きワンちゃんの表彰状をいただいた。これは12年以上生きた犬であれば応募者全員が表彰されるのであるが。
f0160773_1001618.jpg

 それは良かったのだが、ここのところ体調を崩しているので犬猫病院で検査を受けた。結果は腎臓の機能が低下しているのと血中カリウムが高いとのことだった。それでも食欲はあるし、うるさいぐらい元気なのであまり心配はしていない。
 ただ寒さも影響しているのかと思い、服を着せてみることにした。犬に服を着せるのは好きではないので今までやったことはない。が、老犬なのでそれもいいかと思ったのである。
f0160773_1075433.jpg

 マロさんは一時よりスリムになった。それでもパグは骨格ががっちりしているためか、胴周りが足らず前のマジックテープが留められない。はおっているだけの状態だがいやがらずに着ている。
by ishigamet | 2010-12-19 10:11 |

10年12月木曽岬干拓野鳥生息調査

12月18日(土)
 12月の木曽岬干拓野鳥生息調査に参加した。いつもと同じ?地点での調査だった。
f0160773_19582483.jpg

 上の写真は8時に開始してすぐ、左前方の低い木に留まったチュウヒ。
 チュウヒは頻繁には出なかったが、それでも?地点では4回出て3個体を確認した。腰の白いハイイロチュウヒも1度見た。
 その他には草原の上を草の丈すれすれで一直線に飛び、先月と同じ木に留まったコチョウゲンや魚を捕まえてどこで食べようかと旋回するミサゴなどが見られた。
 
 ?地点で見られた猛禽
  ミサゴ7 オオタカ1 ハイタカ1 ハイイロチュウヒ♀1 チュウヒ3
  コチョウゲンボウ3 チョウゲンボウ3

f0160773_20111452.jpg

 点に見えるのは鍋田から木曽川を渡るカワウの大群。1000羽単位でいた。
 
by ishigamet | 2010-12-18 20:12 | 木曽岬干拓野鳥生息調査

探鳥会案内人研修会

12月11日(土)〜12日(日)
 弥富野鳥園で2日間にわたって行われた探鳥会案内人研修に参加した。
f0160773_10583244.jpg

 これは野鳥園の保護地。2階からの展望。

 講師は日本野鳥の会首席研究員で「野鳥ECO図鑑」などの著者でもある安西英明さんであった。
 講義内容は季節ごと、あるいは鳥が少ない時の案内のしかたや案内人の心得についてが主であったが、安西さんは話がうまく、ユーモアを交えたしゃべり方や動きなどはお笑い芸人のそれを参考にして取り入れておられるのではないかと思われた。テンポがよく、よどみがなく、飽きさせないものだった。
f0160773_1115593.jpg

 このような樹林の間を歩いた。

 講義だけでなく野鳥園内の樹林での実地研修もあった。私はここへ入ったのは初めてだった。時間も短かったし鳥は充分には見られなかったが、安西さんの話は鳥に限らず植物、昆虫とそこで見つけたものから広がっていくので内容の濃いものだった。ただ、カワウの糞が少し臭かった。

 案内人に大切なのは教えるのでなく伝えること、野鳥を見る楽しさを参加者と共有する、分かち合うことだと言っておられた。そして、「野鳥ECO図鑑」にも書いてあったようにバードウォッチングをきっかけに人々がエコライフに関心を持ってくれるようにと繰り返し言っておられた。


基本がわかる野鳥eco図鑑―野鳥がわかると命のつながりが見える

安西 英明 / 東洋館出版社

身近な鳥の識別の仕方から始まって、観察の方法、鳥の体の不思議などについて述べたあと、最終章では「鳥と人とエコライフ」と題し野鳥保護から地球環境、生物多様性まで話が及んでいる。バードウォッチングをきっかけに人々にエコライフに関心を持ってもらいたいというねらいが見える。

スコア:


by ishigamet | 2010-12-13 11:06 | 行催事

10年12月名城公園探鳥会

12月5日(日)
第236回 観察された鳥 39種 405羽 参加者30名

カイツブリ2 カワウ30 ダイサギ25 コサギ5 アオサギ3 マガモ8
カルガモ6 コガモ11 オナガガモ61 ホシハジロ1 キンクロハジロ48
オオタカ1 ユリカモメ16 キジバト3 カワセミ3 コゲラ3 キセキレイ2
ハクセキレイ3 セグロセキレイ2 ビンズイ1 ヒヨドリ19 モズ3 
ジョウビタキ3 ツグミ37 ウグイス3 エナガ2 ヒガラ1 ヤマガラ7
シジュウカラ5 メジロ14 アオジ1 カワラヒワ1 イカル1 シメ1
スズメ14 ムクドリ2 ハシボソガラス40 ハシブトガラス2 ドバト15

 風もなく雲ひとつない快晴で探鳥会日和だった。集合場所からは空堀越しの木にツグミの群れ(写真)、シメ、ジョウビタキなどが見られた。
 お堀では水が減ってエサが探しやすくなったのか、サギ類が多く舞い降りていた。
 最後に鳥合わせをしている最中にカラスに追われてオオタカが私達のすぐ近くを飛んだ。
f0160773_9504347.jpg
 
by ishigamet | 2010-12-06 09:50 | 名城公園探鳥会