人気ブログランキング |

<   2011年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

11年5月平和公園探鳥会

5月22日(日)
 5月の平和公園探鳥会に参加した。駐車場に車を入れ、集合場所まで歩いて行く途中、どこからかヒナ鳥の鳴く声がした。どこから声がするんだろうと思っていたら、イモ虫をくわえたシジュウカラが来て近くに留まった。
f0160773_1633335.jpg

 警戒するといけないので、少し離れてから見ていると、電柱から引っ張ってあるワイヤーの黄色いカバーの中へ入っていった。声はカバーの中からしていたのだ。ここは探鳥会のコースにもなっているので、その様子を皆さんにも見てもらえた。
 探鳥会ではキビタキのさえずりがよく聞かれたのと鉄塔にオオタカが長く留まっている姿を見られた。
by ishigamet | 2011-05-22 16:40 | 探鳥会

11年5月木曽岬干拓野鳥生息調査

5月21日(土)
 5月の木曽岬干拓野鳥生息調査に参加した。干拓地は枯れ草色から緑へ変化しつつあり、ウグイス、ヒバリ、オオヨシキリ、ホオジロらのさえずりが絶え間なく、にぎやかだった。
f0160773_16181162.jpg

        堤防を横断中のキジ

 チュウヒは私らの調査地点より南でよく飛んでいた。2羽が同時に低く旋回し、1羽がもう1羽を追っ払うような行動が見られた。
      私らの地点で見られた猛禽
        チュウヒ 9回 3個体
        ミサゴ  3回 2個体
f0160773_16225961.jpg
 
       鳥、ラジコン飛行機の他、こんな人も飛んでいた 
by ishigamet | 2011-05-21 16:23 | 木曽岬干拓野鳥生息調査

マロ、天寿を全うす

5月16日(月)
f0160773_1344614.jpg

 昨年12月から腎臓を悪くして体調を崩していたマロが16日午後1時半頃、静かに息を引き取った。13年と2ヶ月だった。
 5月に入ってから小康状態で、食欲はあったし、まずまず元気にしていた。それが先週から足がふらつき出し、14日には歩けなくなった。15日には何も食べなくなり、虫の息の状態になった。実は父親が1週間検査入院していて、13日に退院して来たのだが、それを待っていたかのような最期であった。
 
 マロはとても幸せな一生を送った犬だろう。そして私ら家族にも楽しい思いでをたくさん残してくれた。あまり悲しまずにおこうと思う。が、家庭の中でその存在が大きかったので、しばらく穴があいたようになってしまう。
f0160773_13454739.jpg

    戌年の年賀状や暑中見舞いのデザインにもなって皆さんに喜んでもらえた
by ishigamet | 2011-05-17 13:46 |

11年セントラルパーク野鳥観察会

5月15日(日)
 バードウイークに因んでで名城公園から栄のセントラルパークギャラリーで開催されている「バードウイーク野鳥写真展31」の上の地点まで鳥見をしながら歩き、そして写真展も見て戴こう、という探鳥会があった。案内人の一人を頼まれていたので参加した。去年よりも参加者は少なかった。キビタキやメジロもさえずりを聞くだけで姿が見られず残念だった。しかし、初心者の方にカワセミを2度も見てもらえたのとおふけ池でアイガモのヒナを連れた親子が見られたので満足して戴けたと思う。
f0160773_11131684.jpg

by ishigamet | 2011-05-16 11:13 | 探鳥会

11年春の藤前干潟クリーン大作戦

5月14日(土)
 春のクリーン大作戦に参加した。中堤会場での参加は初めてだった。駐車スペースに車を入れ、マイクロバスに乗った。ここで、野鳥の会のFさんにお会いした。
 そして受付場所までバス移動。その後、5つ位の斑に分かれて、堤防を自分らの区域まで歩いて、約1時間のゴミ拾いが始まった。
f0160773_1123896.jpg

 堤防からアシ原へ降りると、ゴミはペットボトルが大半でガラスびんや発砲トレー、靴などきりがないほど出て来た。アシ原はぬかるんで足を取られバランスを崩しそうになる。それとアシを手でかき分けると跳ね返って来て顔へ当たり、目に入りそうになるのも危険であった。やり出すと思ったより苛酷で1時間位で終わるのが正解なのだろう。
f0160773_1164960.jpg

 ゴミ拾いが終わり、集合場所へ戻ってからおにぎりと防災しし鍋を戴いた。なかなかおいしかったので2杯も戴いた。
 午後から干潟環境観察会にも参加した。庄内川と新川の中州になっている所の大分南までバスで移動し、干潟へ降りて生き物を観察した。干潟には小さな生き物が出入りする穴と大小幾つかの鳥の足跡があった。野鳥はハマシギ、ダイゼン、チュウシャクシギ、トウネン、コアジサシなどが居た。スコップで掘ってカニや貝など何が出て来るか調べるのだが、時間もあるのだろう、あまり数は出なかった。ここは庄内川河口探鳥会では川越しにスコープで見ている場所で、普段は立ち入れないので、参考になった。
f0160773_1181669.jpg

by ishigamet | 2011-05-16 11:08 | 行催事

境川河口セイタカシギ調査

5月4日(水)
 日本野鳥の会愛知県支部の保護部の方々と境川河口でのセイタカシギの調査に同行した。
 河口近辺を車でゆっくり見て回ったのだが、セイタカシギの他、キョウジョシギ、夏羽のツルシギなど私にしては初めて見る鳥が多く、大変な収穫であった。
 セイタカシギはねぐら調査も行ったため、日没7時過ぎまで川沿いで見ていた。川の中州に5羽集まったシギは境川本流方面へそろって飛び立って行った。
f0160773_14465639.jpg

     ツルシギ夏羽
by ishigamet | 2011-05-06 14:47 | 自然観察

私が読んだ本(10)

鳥あそび

小宮 輝之 / 二見書房

スコア:


 まず、まえがきを読んで著者の生い立ちに惹かれて読んだ。上野動物園園長である著者は子供の頃、いろんな生き物を飼うのが好きで熱中していたという話。それは私の少年時代とよく似ていたからだ。
 概ね、野鳥については初心者向けの内容になっているが、少し変わっているのは「足拓コレクション」。鳥の足に墨を塗り、紙の上を歩かせて作ったらしい。今では鳥類500種、ほ乳類240種、は虫類や両生類合わせて750種になるという。鳥の足拓が実物大で23種収録されている。
by ishigamet | 2011-05-02 17:50 | 読書

11年5月名城公園探鳥会

5月1日(日)
第241回 観察された鳥 24種 244羽 参加者13名

カイツブリ1 カワウ1 コガモ10 キジバト23 コゲラ1
ツバメ19 セグロセキレイ1 ヒヨドリ11 クロツグミ1 アカハラ11
シロハラ2 ツグミ2 エゾムシクイ1 センダイムシクイ3 オオルリ1 
シジュウカラ11 メジロ4 カワラヒワ2 スズメ33 コムクドリ1 
ムクドリ22 ハシボソガラス11 ハシブトガラス9 ドバト63

 天気予報通り、朝からの雨で5月の探鳥会は参加者が何人集まるかと思っていた。が、13人も来て下さったし、実際は探鳥会が始まる8時半頃には雨が上がり、持って行った傘は使うことはなかった。
 お堀にはまだコガモが残っていた。公園の林ではエゾムシクイ、センダイムシクイ、クロツグミ、シジュウカラのさえずりがよく聞かれた。そしてアカハラが地面に降りていて11羽も確認された。
f0160773_17152220.jpg

    コガモのつがい

 名城公園探鳥会もこのシーズンの8回分が終わって一区切りついた。この8回で印象に残ったのは11月から2月にかけて3回も出たゴジュウカラだろう。それとヤマガラがコンスタントに出ていた。(8回中6回、前年は0)そしてお堀へのホシハジロの飛来がここ数年減っている。(下の表参照)
f0160773_11293016.gif

 
 
by ishigamet | 2011-05-01 17:21 | 名城公園探鳥会