人気ブログランキング |

<   2011年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

私が読んだ本(11)

自然

となりのツキノワグマ (Deep Nature Photo Book)

宮崎 学 / 新樹社

スコア:


 昨年秋のクマ出没ニュースもあって、興味があったので読んでみた。宮崎学氏が中央アルプス周辺で2005年以降ツキノワグマを撮影し調査したもの。
 クマが減っているという思い込みを捨て、宮崎氏が調査した結果、関東甲信越に限っては30年前よりもクマはあきらかに増えているという。そして荒廃したと言われている森は多様な植物が生い茂り、動物が棲みやすい条件になっている。それは写真からもよく分かる。特に驚いたのは「クマ棚」と呼ばれる、クマが樹上に作る枝や葉を敷き詰めた跡が住宅街のすぐ近くに多く点在した写真だった。
 保護か駆除か、どっちにしても正確な生息数の把握が必要だと著者は言う。
 
 私が思ったのは森で生きるクマは私達が知らない樹木との付き合いをよく知っているのではないか、ということ。100年後の子孫のため、冬眠穴になっていく樹洞を作ったり、もともと適さぬ場所に植林されたヒノキを枯らし、やがては雑木林に復活させていく。クマは森に重要な役割を果たしていることも分かってくる。
 人間と樹木の時間軸は違う。人間は長くて100年だが、樹木は1000年を超える。森で生きるクマは種のレベルでは樹木の時間軸に合わせて生きているとも言う。
 私達は100年後の子孫のことなど考えているのだろうか。もしかするとクマよりも私達の方が危うい位置にいたりして。
by ishigamet | 2011-06-30 14:22 | 読書

ゴーヤー、もう1本新しい苗

自然
6月26日(日)
f0160773_1337685.jpg

 スーパーでゴーヤーの苗を1本買って来た。1本では受粉しないと聞いたのとプランターに空きスペースがあったからである。
by ishigamet | 2011-06-27 13:39 | ゴーヤー栽培記

早朝の名城公園

自然

6月26日(日)早朝
f0160773_16504984.jpg

             
朝早く名城公園を歩いていたら

f0160773_16515140.jpg

             
綺麗なネジバナが咲いて

f0160773_16523688.jpg

             
あちらこちらで昆虫たちが

f0160773_1653201.jpg

             
一所懸命生きていた

by ishigamet | 2011-06-26 16:54 | 自然観察

夏至の日のゴーヤー

6月22日(水)
f0160773_1421529.jpg
 夏至の日。昨日から蒸し暑くなってきた。梅雨の晴れ間のような日。
 ゴーヤーの蔓は支柱の大分上のほうまで伸びて来た。
 昨日、家族がテレビを見ていたら「ゴーヤーは1本では花が受粉しない。」と言っていたと言う。1本ではだめなんだろうか。
by ishigamet | 2011-06-23 14:26 | ゴーヤー栽培記

木曽岬干拓野鳥生息調査の紹介ページ

6月21日(火)
 お知らせ
 私が毎月参加している、木曽岬干拓野鳥生息調査について紹介するページが日本野鳥の会愛知県支部のHP内に新しく作られました。ご覧ください。

             こちらをクリックしてください
by ishigamet | 2011-06-21 15:50 | 木曽岬干拓野鳥生息調査

11年6月木曽岬干拓野鳥生息調査

6月18日(土)
 6月の木曽岬干拓野鳥生息調査に参加した。現地に着いた頃から雨が降りだし、7時にメンバーが揃った時には本降りとなった。これではチュウヒも飛ばないだろうと、1時間くらいで終わる予定であった。
 いつもと同じ地点へ着き、初めは車の中から見るだけにしていたが、やがて雨は小やみになってきた。結局は小雨が降ったり、やんだりの繰り返しでいつもの時間まで調査をしていた。
 チュウヒは私達の地点ではエサ探しなどで4回ほど現れて2個体確認しただけであった。ほかにはミサゴを3個体確認した。キジがよく見られた。
f0160773_16341633.jpg

                
キジが3羽いた所に

f0160773_16353770.jpg

                
イタチがひょっこり現れた

                
ちょっかいを出すかと思ったら

f0160773_16372051.jpg

                
イタチはそのままピョコ、ピョコ逃げていった

by ishigamet | 2011-06-18 16:38 | 木曽岬干拓野鳥生息調査

ゴーヤー、蔓が巻き付く

6月15日(水)
f0160773_11181788.jpg

 きのうゴーヤーを見たら蔓が伸びてきていたので、アサガオ用にあったリング付き支柱を立てておいてやった。今朝見るともう蔓がくるくると巻き付いていた。葉っぱが大分虫に食われているが大丈夫だろうか。
by ishigamet | 2011-06-15 11:22 | ゴーヤー栽培記

11年6月庄内川河口探鳥会

6月12日(日)
f0160773_15183189.jpg

 6月の庄内川探鳥会に参加した。この時期はシギ、チドリ類は最も少ないらしく、干潟にはカワウやサギ、カモ類が少し残っているだけであった。しかし、珍しくクロハラアジサシが飛来していた。河口のヨシの中にオオヨシキリがいて、巣材をくわえてヨシの中に入っていく姿が見られた。
 少し場所を移動して、コアジサシ(上の写真)の集団繁殖地を見たあと、また移動してササゴイ(下の写真)が道路の街路樹に営巣している所を見て解散した。
f0160773_1528294.jpg

 
 
by ishigamet | 2011-06-12 15:29 | 探鳥会

ゴーヤー、プランターへ

6月8日(水)
f0160773_15353060.jpg
 
 4日に環境フェスティバルで戴いて来たゴーヤーの苗を空いていたプランターへ植え替えた。
これから、成長の経過をブログに載せていくことにした。
by ishigamet | 2011-06-09 15:39 | ゴーヤー栽培記

サシバシンポジウムとゴーヤーの苗

6月4日(土)
 「サシバシンポジウム〜サシバを救おう!〜」という講演会が開催された。場所は最近出来たばかりの豊田市自然観察の森ネイチャーセンターであった。
 プログラムとしてはサシバを調査研究しておられる方が東北や関東からも来られて、5名の方が講演された。サシバの生態や保護のための講演だったが、定員70名で会場は満席であった。
f0160773_16461539.jpg
 会場の外では環境フェスティバルとして、テントが並んで色々なイベントが行われていた。
 帰り際に、あるテントの前でゴーヤーの苗を戴いて来た。配っていた物が余ったらしい。
 育つだろうか。そして食べられるような実がなるだろうか。
by ishigamet | 2011-06-05 16:49 | 行催事