人気ブログランキング |

<   2012年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

知多へ旅行

旅行・地域
10月27(土)〜28(日)
 兵庫県の妹夫婦が知多の内海の旅館を予約してくれたので、知多方面へ一泊旅行に行って来た。義弟は犬達の世話などのため、姪は前日に風邪をひいたため止めにした。そのため両親と私と妹の4人で行くことになった。
f0160773_14435885.jpg

 最初はセントレアへ寄ってターミナルビルで昼食を取った。上はスカイデッキから撮った写真。
f0160773_14473958.jpg

 次いで「えびせんべいの里」へ寄り、工場を見学した。えびせんべいが出来る過程がガラス越しに見られた。えびせんべいの販売コーナーで試食サービスがあり、奥に入ると紙コップで飲めるコーヒー、緑茶は無料であった。
 一日目はここまでで、内海の和風旅館「呼帆荘」へ到着した。
f0160773_14534395.jpg

 通された部屋の窓の外は千鳥ヶ浜海水浴場。翌朝早くにはトビと他に小型の猛禽も飛んでいたが双眼鏡が無くて確認出来なかった。
 旅館の中はとても静かで、他のお客は居ないかのようであった。特徴としては旅館全体に白色の蛍光灯は見当たらず、照明が全て電球のような暖色の灯りで統一されていた。

 翌日の朝食は他のお客と同じ大広間で取ったが、小さい子供連れの人など大勢居た。あの人たちは昨晩どこに居たのか、と思ったほどだった。

f0160773_1532650.jpg

 二日目は天気が良くなさそうだった。まず「豊浜魚ひろば」へ行って、干物やはんぺいなど買い物をした。そのあと「花ひろば」という所へ行く予定だったが、雨が本降りになってきたので変更して(旅館で割引券をもらっていた)「杉本美術館」へ行くことにした。
f0160773_1575161.jpg

 杉本美術館は空いていてゆっくり見られた。「中国紀行」と題し、敦煌、蘇州などの写生のコーナーが設けられていた。大きな曼荼羅があり、「その中に牛が四頭描かれているので探してください」と書いてあった。何分かかかって見つけた。
 杉本健吉は元はデザイナーもしていたらしく、名古屋の地下鉄のマークや有名なういろう屋さんの蛙のマークもこの人のデザインであった。
 雨がさらに激しく降ってきたし、妹はその日のうちに兵庫へ帰らねばならぬので、早めに帰途についた。
by ishigamet | 2012-10-29 15:21 | 行催事

'12年のゴーヤー、おしまいか

自然
10月24日(水)
 このところの冷え込みで、家のゴーヤーも葉っぱがすっかり色あせてきた。遅咲きだった実も大きくならないうちに成長が止まりそうだ。
 今年は結局収穫して食べられたのは2個だけであった。
f0160773_1331159.jpg

by ishigamet | 2012-10-24 13:31 | ゴーヤー栽培記

'12年木曽岬干拓野鳥生息調査

自然
10月20日(土)
 10月の木曽岬干拓野鳥生息調査に参加した。木曽岬干拓地は一面にセイタカアワダチソウが咲き誇っていて、天気も良かったので、なかなか奇麗だった。
f0160773_16265847.jpg

 いつもと同じ地点にいたが、ヒヨドリ(上写真)、カワラヒワなどがよく群れになり、川沿いに北へ移動していた。モズがよく鳴き、ジョウビタキの雄をこの秋初めて見た。

 チュウヒは調査開始してすぐ1羽が飛ぶのを見ただけであった。しかし、他の猛禽はよく飛んでいた。ミサゴは5羽くらいは確認したし、珍しくトビが3羽もいた。
f0160773_163387.jpg

 そして何度か、ノスリが上空を旋回した。
f0160773_16334556.jpg

 調査終了前には木曽川の上に10羽ほどのノスリの鷹柱が出来、これも川沿いに北へ移動して行った。
by ishigamet | 2012-10-20 16:40 | 木曽岬干拓野鳥生息調査

'12年10月庄内川河口探鳥会

自然
10月14日(日)
f0160773_1339148.jpg
 
 10月の庄内川河口探鳥会に参加した。
 稲永公園の林ではヒガラ、ヤマガラ、シジュウカラが木の間を飛び交い、他に南へ帰る前のキビタキの雄、雌、コサメビタキ、エゾビタキも見られた。

 この日は干潮が10時半頃だったので、探鳥会の時間帯は潮がよく引いていた。コアオアシシギ、アオアシシギ、イソシギ、オオソリハシシギなどがじっくり見られた。カモ類はコガモ、ヒドリガモ、スズガモがたくさん渡って来ていた。
by ishigamet | 2012-10-15 13:47 | 探鳥会

遅咲きのゴーヤー

自然
10月14日(日)早朝
 我が家の今年のゴーヤーは雌花が付かず、不作だったかと思っていた。しかし、なぜか10月に入ってから雌花がいくつか付き始めた。
f0160773_13295355.jpg

すでに実が大きくなったものが1つ

f0160773_13305257.jpg

小さい実を付けたものが4つ

 これだけ見つかった。今年は遅咲きだったのだろうか。
by ishigamet | 2012-10-15 13:36 | ゴーヤー栽培記

'12年第2回親子触れ合い自然体験教室

自然
10月13日(土)
 タイトルの行事に参加した。これはちょうど一年前に参加した行事と同じで、午前中は弥富野鳥園での野鳥観察会、午後は室内での工作教室で万華鏡を作る、というものだった。
f0160773_16592774.jpg

 30名程の親子連れと探鳥会は始まった。開始する前にノスリ、ミサゴ、チュウヒと猛禽が青空を旋回した。コースの途中ではタカに襲われたあとのハトの羽根を見つけたり、秋の高鳴きをするモズをスコープで見てもらったりした。池に飛来していたカモはまだ少なかったが、キンクロハジロやハシビロガモなど5種が確認できた。観察できた鳥は24種であった。


 午後からは工作教室。今回は私も一緒に万華鏡を作らせてもらうことにした。家族が万華鏡をひとつ欲しい、と言っていたからである。

 作りながら撮った写真を順に並べてみると
f0160773_1783861.jpg

厚紙にミラーを貼付け、

f0160773_1795385.jpg

三角柱にする。

f0160773_17103928.jpg

カプセルにビーズを入れる。

f0160773_17114527.jpg

ミラーを紙管に入れる。

f0160773_1713332.jpg

ビーズ入りカプセルを管に着ける。

f0160773_17144726.jpg

包装紙に両面テープを貼り、

f0160773_1715588.jpg

管に卷いて、

f0160773_17164342.jpg

鳥のシールを貼って完成。


 今回の万華鏡はキットになっているものだったので、昨年よりは簡単であった。


f0160773_17191818.jpg

中を覗くとこんな感じ。

by ishigamet | 2012-10-13 17:23 | 行催事

'12年10月名城公園探鳥会

自然
 この秋最初の名城公園探鳥会は晴天に恵まれた。集合場所から空堀ではエゾビタキ(写真)、コサメビタキが木々の間を飛び、上空には珍しくミサゴが舞っていた。
 お堀には先着隊のコガモ、キンクロハジロが来ていた。公園の林でキビタキのつがいを見つけ、最後の鳥合わせの最中にチョウゲンボウ、オオタカが真上を飛んだ。
f0160773_1648854.jpg


 第250回 観察できた鳥 26種 222羽 参加者24名
 カワウ2 アオサギ1 コガモ6 キンクロハジロ2 ミサゴ1
 オオタカ1 チョウゲンボウ1 キジバト7 カワセミ1 コゲラ3
 ヒヨドリ50 モズ2 ジョウビタキ1 センダイムシクイ1 キビタキ2
 エゾビタキ1 コサメビタキ3 ヤマガラ4 シジュウカラ3 メジロ17
 スズメ60 ハシボソガラス31 ハシブトガラス7 ドバト9 アヒル5
 コブハクチョウ1

f0160773_17597.jpg

by ishigamet | 2012-10-07 16:57 | 名城公園探鳥会

2つめのゴーヤー完熟

自然
10月6日(土)
 2つめのゴーヤーの実はなかなか大きくならず、丸くなってゆくばかりで、ピンポン玉くらいになった。こんな物を収穫しても仕方がないので、そのまま放っておいた。
f0160773_10205685.jpg

 
するとだんだん黄色くなり、

f0160773_10223896.jpg

 
裂け目が出来てきて、

f0160773_10225650.jpg

 
とうとう裂けた。種だけ収穫することにした。

by ishigamet | 2012-10-06 10:28 | ゴーヤー栽培記

'12年第4回サギ調査

自然
9月29日(土)
f0160773_1338823.jpg

 今年最後のサギ調査に参加した。いつもと同じ弥富ICのループ内を担当し、5時まで中にいるサギを数えた。小雨がぱらついてきたのと、なぜか真夏よりも蚊が多くて何カ所か刺されて参った。先月に比べるとサギはぐっと減っていた。サギたちは蟹江ICと行き来しているのか、今回は蟹江には数多くいたようだった。

観察できたサギ
 ゴイサギ14 アマサギ4 チュウサギ41 コサギ4
by ishigamet | 2012-10-02 13:47 | 蟹江弥富サギ調査