人気ブログランキング |

<   2016年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

'16年第2回サギ調査

6月25日(土)
f0160773_10372163.jpg

 今年2回目のサギ調査が行なわれた。今回は昨年までよく担当していた弥富北の東側を調査した。
 風向きの関係か、道路沿いの木が伐採されたせいか分からないが、これまでよりも上を通過するサギが多く感じた。途中で雨が降り出して、天気があまり良くなく、識別は難しかった。
by ishigamet | 2016-06-27 10:43 | 蟹江弥富サギ調査

'16年6月木曽岬干拓野鳥生息調査

6月18日(土)
f0160773_1618384.jpg

 朝7時に木曽岬干拓地に着くとオオヨシキリが盛んに鳴いていた。オオヨシキリはチュウヒのエサになる最も多い鳥のひとつで、今彼らが多くいるということはチュウヒが少ないことになるらしい。
 上の写真は集合場所近くを通過したチュウヒ。これが今日の調査では一番近くで見られた。
 いつもの地点ではエサ渡しなど見られ、チュウヒは活発に動いていた。2個体を14回観察出来た。他に見られた猛禽はオオタカとチョウゲンボウ。
by ishigamet | 2016-06-18 16:25 | 木曽岬干拓野鳥生息調査

'16年6月海上の森探鳥会

6月12日(日)
f0160773_13553755.jpg

 集合場所へ行く途中で見た綺麗なアカスジカメムシ。海上の森探鳥会にはこういう楽しみもある。
f0160773_13571829.jpg

 ここの探鳥会参加は今年初めて。山口駅前でイワツバメが営巣している所を見た後、田んぼでカルガモのつがいを見た。
f0160773_13594918.jpg

 赤池へのコースではキビタキ、オオルリ(写真)、サンコウチョウ、ホトトギスの声がよく聞かれた。サンコウチョウはメスを割に近い所で見られた。
by ishigamet | 2016-06-13 14:04 | 探鳥会

私が読んだ本(20)

狼の群れと暮らした男

ショーン エリス / 築地書館

スコア:


 ラジオ番組で紹介されていて興味がわいたので読んでみた。著者はロッキー山脈の山中で単身、野生のオオカミの群れに入り、2年間彼らの仲間として暮らした。野生動物を飼い、つまり人間の方へ引き込んでの研究は普通だが、この人は自分が人間をやめて野生動物と生活するという逆のことをしている。
 オオカミの群れの一員として彼らのルールに従い、共にシカの生肉を食い、風呂にも入らず生活していた。よく耐えたものだと思えるが、この人は過酷な自然の中でオオカミによって生かされてきた、とも言っている。驚いたことのひとつ。著者がある日、水を飲もうと谷川へ降りて行こうとした時、若いオオカミが体当たりをくらわし、彼を木の窪に押し込んで動けなくした。あとで分かったその理由とは、その時谷川にはハイイログマの大きなフンが落ちており、もし彼が知らずに降りていればクマに襲われていただろうというエピソード。
 科学者の多くは彼のやったことに否定的らしいが、野生動物にどっぷりつかった人の体験は貴重なものだ。そしてまだ知られていないオオカミの持つ能力、高い知能を垣間見た気がする。
さらに面白い語り口で聞きたい方、こちらで聞かれます。

クリック→「武田鉄矢・今朝の三枚おろし5月9日〜30日」
 
by ishigamet | 2016-06-03 14:26 | 読書